草とともに・・夏

毎年、5月から9月ぐらいまで・・
月1ペースで、続く草刈り・・

緑に満たされるのはいいのだけどね。

敷地内、敷地に面した道路、
田んぼの畔、畑、管理を委託されてる別荘・・

「やらなきゃ。」と思っているとしんどい時もあるけれど・・
草刈りって、はじめると意外といつも気持ちいい。

草刈り機の騒音に包まれ、単純作業に没頭する・・
凄い集中する、だから頭の中はスッキリ、気持ちがいい・・
そして見た目の景色は一変し、達成感・・。

草刈り

そんな草刈りを、もう何年も繰り返してきたけど
いつも感じる事があって・・

なんといっても・・草の、その「再生力」の凄さ・・
何度刈られても、ひるまず淡々と、そして驚くほどの早さで再生してくる・・

人間にはないこの能力。

人間にもこの再生力が備わっていたら
あんなことや
こんなことも・・などと妄想している草刈り中・・

田植え

5月に田植えをした田んぼでも
草の再生力と対峙するわけで・・

稲の再生力や逞しさは大歓迎。
でも稲でない草は、出来ればやめてほしい・・
ホントに、勝手なこと言うようだけど・・

草取り

稲の周りの草たちは、出来れば居ないでほしい。
最低、2回、この草達を取ってまわるのだけど・・
抜いてもそのまま水に浮かべておくと、逞しく生き続ける草たち。

その逞しさに、時に草たちの意志さえ感じる・・

多種多様な草たちが
季節の巡りの中で順番に
自分の出番を待っていて、

そんなのを見ると
草もまた草たちの中でも共生しているんだなと。

かえる

もちろん、草たちだけでなく、こんな関係もあって・・
人も・・、草とこんな関係であり続けたいね!

自然の仕組みに改めて・・

敬服だ。




夏の工芸展2022 in 多津衛民藝館

今年もこの時期がやってきました!

夏の工芸展
~10人展 2022~ 
・・手仕事の、向こう側にある暮らし・・

今年も出展させて頂きます。

工芸展2022

工芸展2022裏

今年は新たに3名の方が出展され(染色/陶器)、楽しみです。
昨年に続き、手仕事の職人に迫る写真展「工芸の職人たち2」もあります!こちらも必見です!
皆様、是非お越しください!

日程:2022年8月7日(日)~8月16日(火)
 10:00~17:00
(初日13:00~/最終日~16:00)

場所:長野県佐久市望月2030-4
NPO法人平和と手仕事 多津衛民藝館



昨年の写真展「工芸の職人たち」では工房での撮影をして展示してもらいました♪

工芸2021

(昨年、工芸展2021の様子)
工芸1

実は ここ数年、

この工芸展では毎年サプライズのような再会を重ねていて・・

久しく会えていなかった友人、高校の同級生・・
30年振り!なんてことも・・

なんか今年も・・なんてちょっと期待しちゃってます♪


なお、開催についてや、詳しい情報は下記、多津衛民藝館のホームページで確認してください。  

   ↓
NPO法人 多津衛民藝館ホームページ



「木工二人展 2022」 素敵な時を頂きました・・


少しは雨も降ったけど
良い天気に恵まれて・・、良い出会いに恵まれて・・

2022.jpg

2022年の胡桃倶楽部での展示会も無事終了しました!

いつも気にかけてくれるお客さんも来てくれて
久しぶりにお話が出来たのも嬉しいし・・

2022クルミ1

地元の仲間もたくさん応援してくれました。
ありがとう♪

今年は、飛び込みの方も多くって
楽しい出会いと楽しいトークの時間がありました。

20222.jpg

展示会は出会いの場だと
改めて感じた6日間・・・

2022クルミ

ここ数年を想うと
無事に開催出来たことが本当に有難い。

20221.jpg

色んな人に
色んな事に

本当に感謝です・・

ありがとうございました!



展示会 木のある暮らし2022


日々の生活の中に・・
葉っぱの赤ちゃんたちが
すごい勢いでワサワサしているように見える風景が広がっています♪

春ですね。

家具工房TE.TE.ROもワサワサしています。

展示会のお知らせです!
(すみません・・日程表記の曜日に誤りがありました。更新しています!
2022クルミチラシ

毎年恒例の「二人展」。
今年はどんな展示にしようかと、いまなお思案中ですが・・
暮らしに自然素材である木・・
また、古くから生活の道具の素材として身近にあった木を
もう一度、改めて取り入れてもらいたいという願い。
木がどんなにいいものをもたらしてくれるのか・・
木があることで、木を使うことで
どんないい循環が生まれるのか・・

木にまつわる数えきれない良さを伝えられるような
そんな展示会にしたいと思っています。

皆様のお越しをお待ちしています!



ククサ


2月末に始まった戦争に心が揺らぎ・・
徒然なる気持ちには到底なれずに・・

それでも・・
一年の様々なことが始まる3月の忙しさの中で
足元をしっかり見つめて過ごそうと・・

そうしたら・・
いつの間にか先日、梅や桜が同時に開花し・・
他の野花も生き生きと、やっと春になってて・・


いやいやついに・・
作ってみることができた。
念願の、ククサ。

20代後半の頃、富士山を望む自然一杯の環境にある宿泊施設で働いていたことがあって、
そこはフィンランドのログハウスの宿泊棟を扱っていたこともあって、
サンタクロースを始めムーミンなど、フィンランドゆかりのショップが施設内にあった。
「サンタクロースからの手紙」というのもあったなぁ。
子供にも、若い人にも人気があって、申し込むとクリスマスにフィンランドのサンタから手紙が届くというもの。
仕事でムーミンハウスにするために六角形のログハウスを建てたり、
サンタクロースの手紙を出すためのポストを造ったり・・。

楽しいことがたくさんあった頃だけど、中でも印象に残っていたのが・・

ククサ なんだよなぁ・・。

ククサ1

フィンランドのククサという白樺の木をくりぬいてつくる取手のあるカップ。
初めて手にしたときは、その素朴な温もりに感激したのを覚えている。
さすがにお値段もそれなりにして・・あの頃は手が出なかったのもしっかり覚えている。

ククサには色々ストーリーがあって、
ちょっと調べたら、今の日本の巷では、幸運をもたらすものだとして贈り物に最適などともてはやされているみたい。

あの頃聞いたストーリーは、とっても素敵で・・

子供が生まれたときに父親が作ってあげるはじめてのプレゼントがそのククサで、
さらにそのこどもの成長に合わせての節目節目に
大きさを変えて新たに作ってプレゼントする、というもの。

なんとも心が温かくなる話じゃぁないか・・、
自分もいつかそんな風に自分の手で愛する子供に贈り物を作ってみたい!
と思った事を忘れられなくて・・
まだ家族もいなかったけれど。

以来、ずっと頭の片隅にあったからか・・
今回コーヒードリッパースタンドの注文をしてくれた人がいて、それを作り終えた後、眺めているときにふと思ったのが

「カップも木だったらいいなぁ。」

その時、ハッと思い出したのが、このククサだった。

あの頃に思った「いつか」は、今だなと。

もはや、すっかり大きくなってしまった子供達の顔を思い浮かべながらも・・

それでも、今だなと・・。

それで、うっかり何個も作ってしまったけれど・・

ククサ2

一体いつ・・

プレゼント・・、出来るかなぁ・・

ククサ

まっ、とりあえず

まずは、自分で楽しむべし・・・。


残念ながら、ククサのフィンランドも
今のこの世界情勢の中で大きく揺れている。

現在(いま)は、こんな事してる場合じゃないのに。
もっと大きな世界を見て、みんなで立ち向かっていかなきゃいけないのに。

ククサが、子を、家族を想う象徴のように
そんな、まあるい、穏やかで、強い気持ちで、

どうか・・世界が回っていけますように・・













プロフィール

ててろう

Author:ててろう
山の生活を楽しみたい。
薪割り、草刈り、鳥の声・・。
やることは山ほどあって、生きるって忙しいんだって、そんな当たり前の事を知りました。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
これまでの訪問者