ククサ


2月末に始まった戦争に心が揺らぎ・・
徒然なる気持ちには到底なれずに・・

それでも・・
一年の様々なことが始まる3月の忙しさの中で
足元をしっかり見つめて過ごそうと・・

そうしたら・・
いつの間にか先日、梅や桜が同時に開花し・・
他の野花も生き生きと、やっと春になってて・・


いやいやついに・・
作ってみることができた。
念願の、ククサ。

20代後半の頃、富士山を望む自然一杯の環境にある宿泊施設で働いていたことがあって、
そこはフィンランドのログハウスの宿泊棟を扱っていたこともあって、
サンタクロースを始めムーミンなど、フィンランドゆかりのショップが施設内にあった。
「サンタクロースからの手紙」というのもあったなぁ。
子供にも、若い人にも人気があって、申し込むとクリスマスにフィンランドのサンタから手紙が届くというもの。
仕事でムーミンハウスにするために六角形のログハウスを建てたり、
サンタクロースの手紙を出すためのポストを造ったり・・。

楽しいことがたくさんあった頃だけど、中でも印象に残っていたのが・・

ククサ なんだよなぁ・・。

ククサ1

フィンランドのククサという白樺の木をくりぬいてつくる取手のあるカップ。
初めて手にしたときは、その素朴な温もりに感激したのを覚えている。
さすがにお値段もそれなりにして・・あの頃は手が出なかったのもしっかり覚えている。

ククサには色々ストーリーがあって、
ちょっと調べたら、今の日本の巷では、幸運をもたらすものだとして贈り物に最適などともてはやされているみたい。

あの頃聞いたストーリーは、とっても素敵で・・

子供が生まれたときに父親が作ってあげるはじめてのプレゼントがそのククサで、
さらにそのこどもの成長に合わせての節目節目に
大きさを変えて新たに作ってプレゼントする、というもの。

なんとも心が温かくなる話じゃぁないか・・、
自分もいつかそんな風に自分の手で愛する子供に贈り物を作ってみたい!
と思った事を忘れられなくて・・
まだ家族もいなかったけれど。

以来、ずっと頭の片隅にあったからか・・
今回コーヒードリッパースタンドの注文をしてくれた人がいて、それを作り終えた後、眺めているときにふと思ったのが

「カップも木だったらいいなぁ。」

その時、ハッと思い出したのが、このククサだった。

あの頃に思った「いつか」は、今だなと。

もはや、すっかり大きくなってしまった子供達の顔を思い浮かべながらも・・

それでも、今だなと・・。

それで、うっかり何個も作ってしまったけれど・・

ククサ2

一体いつ・・

プレゼント・・、出来るかなぁ・・

ククサ

まっ、とりあえず

まずは、自分で楽しむべし・・・。


残念ながら、ククサのフィンランドも
今のこの世界情勢の中で大きく揺れている。

現在(いま)は、こんな事してる場合じゃないのに。
もっと大きな世界を見て、みんなで立ち向かっていかなきゃいけないのに。

ククサが、子を、家族を想う象徴のように
そんな、まあるい、穏やかで、強い気持ちで、

どうか・・世界が回っていけますように・・













冬だから・・


昨日は、降りましたね・・久しぶりに。

yuki3.jpg

この冬は、昨年末からの雪が消えることがなく
かといってドカッと降るわけでもなく・・
ここ数年では珍しいなぁと思っていながら・・

年が明けてから、もうひと月以上過ぎちゃって・・

yuki.jpg

今年もどうぞよろしくお願いします。

DSC_0003.jpg

少し寒々しい景色も、
太陽の光を受けて放つ雪上の七色のキラキラで
華やいだ気分になりませんか・・?

DSC_0002.jpg

昨日の降雪時には、とにかく今日は家族が全員無事に帰宅できるよう
早めの帰宅だった一番下の子供と、一緒に雪かき。
雪で髪を凍らせながら、汗をかくというグッドエクササイズだったけど、
残念ながら・・・家から公道に出るまでに、200mもの私道があるので、
大きく逞しくなった子供の姿にたくさん力を貰いながら・・
2時間以上の雪かきとなった。

yuki2.jpg

いつも勢いのある降雪中の景色を見ていると、
やがてやらなきゃいけない雪かきの事や、
誰かがどこかでスリップしてはいないだろうかと
心はとってもザワつくのだけど・・

いつもそのあとの晴天に・・
「きれいだなぁ・・」

すべてをすっかり、持っていかれてしまう。

yuki1.jpg

寂しさがあるから、優しさがあり
不安があるから、嬉しさがあり
悲しみがあるから、喜びがある

そんな、物事の表裏一体を見せてくれるこの景色

松ぼっくり

おまけ・・
”綺麗だけど寒い画”が続いたので、
暖を取ってもらいましょう・・♪

松ぼっくり1

松ぼっくりが燃えるとき、本当にきれい・・

でも、やっぱり最後は・・

雪のキラキラ

雪のキラキラかな!



2021 今年もありがとう!


炎の向こうに・・
しんしんと降る雪景色・・

窓の向こうには厳しい寒さが覗いてるけれど
心と体を暖めてくれる安心感がここにある。

今年は雪の大みそか・・。
一年を振り返るには、とってもイイかもしれないな・・。

雪景色

家族の成長、自分自身の成長、

喜ぶべき瞬間をたくさん頂いた。

感謝・・しかないなぁ。

たくさんの出会いも助けも頂いて、「また来年・・」と思える一年・・。

鹿

自分たちが、

生きていく環境は厳しくなっていく一方だけど・・

まわりを見回してみれば、

こんなにもたくさんの「生命」があって・・

慌てることなく、ただひたすらに

自分のやるべき事に徹してる・・

こけ


今まさにこの時期に、やるべき事に徹している。
そうやって生きているんだね・・

なるほどだなぁ・・

きのこ

キノコは自然界の最終走者と言われるけれど・・

再び始まる新たな流れにバトンを渡すための大切な存在でもあるんだな・・



今・・
外の世界が雪のお陰でとっても静かでなんだか嬉しい・・

今夜は、日本中、世界中に散らばる友人の顔を思い浮かべながら
静かに年を越そうかな・・

今年もみんな、ありがとう!










秋の約束


46億年
そんな地球の歴史のドラマの中では
起承転結のどの部分に当たるのかはわからないけれど・・

500万年ほど前に生まれた人類・・
5万年ほど前に、生き延びるために様々な進化を遂げながら始めたグレートジャーニー。

そんな人類なんかより遥か昔、それでも約4億年前・・
「木」が生まれたと言われている。

木のグレートジャーニーは
水辺で生まれたシダ類の様だった木が、自分の生きる場所を開拓するために進化を続け、
内陸へ、北へ南へと拡大し、やがて凍えるような寒い場所でも生きる術を身につけた。

凍える冬は葉を落とし、体内の水分を絶つ。
そして来る春に備えて力を蓄える・・。

aki.jpg

こんな美しい色の移ろいをもって秋を感じるこの時期だけど

・・・葉は葉緑素をなくし、もうすっかり落葉の準備は出来ている。

そして待っているんだな・・

毎年、落葉の準備が整ったこの時期に、

必ず吹き荒れる強風を・・

aki8no1.jpg

自らは体を動かすことの出来ない木が

風に身を委ねて、左右に体を揺らしている・・

乾いた葉っぱをカサカサ・ガサガサ

振り落としている・・


そして風の嵐の後は・・

aki1.jpg

外の世界の至る所が・・

aki2.jpg

葉っぱのじゅうたん・・

この一連の流れを目の当たりにすると・・・
圧倒される・・毎年・・ほんとうに。

地球の気流、寒気とか暖気の動きの中で生まれるこの風が吹く時期を
木は5億年という経験の中で、この風を「経験」として知り、「あうんの呼吸」のように地球と一体化してきたんだなぁ。
凄いな、ほんとうに。

そして落とした葉が地の養分になり、自らの養分にもなり、かつ他の生命の源にもなっている。
枯れ葉を微生物が分解して、様々な養分が土中に蓄えられ、染み込む雨水に溶けたその養分が川を下り、海へと渡る。
そしてその養分で海の生き物たちもまた生きている。

海から生まれた木のこの行動は、海から遠いこの地にあっても確実に海に繋がっている。
凄いな・・ほんとうに。

あるドキュメンタリーで言っていた。
地球が今の生命を育む事が出来るようになった確率は、100以上の精密部品で組み立てた機械式時計を、バラバラにして海に投げ込んだものが、波の動きだけでひとつひとつ全て正確に組み立てられるようなもの、だそうだ。

そんな奇跡以上のような生命を
木は育んでるんだなぁ。

敵わないな・・このダイナミックな循環は・・ほんとうに。

500万年の人類は、知恵と知識と物凄いテクノロジーで学ぼうとしているけれど・・
5億年の木の経験に追いつけるのかな。

知識と経験・・

経験に勝るものないっていうもんねぇ。

やっぱりもっと
謙虚でいなくちゃいけないよね。


aki7.jpg

綺麗な一日の終わりが・・


今日もやって来てくれた・・






おもちゃ記念日 ~

なんとも素敵な・・

「子育て世代の方々、またその子供たちが、地元の自然や文化に興味を抱き、実際に触れることで地元を好きになってほしい」

そんな想いで地元佐久市の青年会議所が企画された
『おもちゃ記念日』

地元の4組の工房が地元の木をつかって作ったオリジナルおもちゃをもとに
絵本をつくり、届ける・・

・・この惚れる企画に
参加させて頂きました!

絵本4

1絵本

工房に何度も足を運び、この企画の想いをとても熱く語ってくれた方々・・

絵本2

さっこちゃん・・絵もとってもかわいい・・

絵本6

TE.TE.ROがつくった木のおもちゃはコレ・・

絵本7


絵本5

倒しても、転がしても、起き上がる・・
起き上がり小法師ならぬ、「おきあがり木ぼし」

絵本

木の上に・・・、いますね。

この企画の面白いところは
絵本をみて、木のおもちゃと出会い、面白い、欲しいと思ったら
実際に作っている工房から買うことが出来るという点。

なんかワクワクする・・

絵本3

動画でも紹介してくれました。
よかったらご覧ください! →こちらから

この絵本は2021年10月24日イベントでなんと無料で配られるそう。
多くの方に届くといいなぁ・・

最後に
担当の友野さん、お世話になりました。
またこの企画に参加させて頂きありがとうございました。
みなさんの想いが、どうかたくさん、届きますように・・・





プロフィール

ててろう

Author:ててろう
山の生活を楽しみたい。
薪割り、草刈り、鳥の声・・。
やることは山ほどあって、生きるって忙しいんだって、そんな当たり前の事を知りました。

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
これまでの訪問者